水溶性ビタミンC誘導体化粧品を使う女性

水溶性ビタミンC誘導体の効果と気を付けたいポイント

by gontael

ビタミンCを食事からたっぷり摂ると美肌になるイメージがあると思いますが、化粧品のビタミンCも「万能のビタミン」と言われるほど、たくさんの美肌効果があります。

化粧品のビタミンCには、水溶性・油溶性・両親媒性に分けることができますが、一番よく使われているのは水溶性ビタミンC誘導体です。

そこで、ナールスエイジングケアアカデミーの「水溶性ビタミンC誘導体の種類・特徴と効果的な使い方は?」を参考に、水溶性ビタミンC誘導体の効果やデメリットについてお伝えしたいと思います。

化粧品に配合されるのはビタミンC誘導体

ビタミンCは、空気に触れると壊れてしまうという特徴があります。

そのため、そのまま化粧品に配合することができません。

そこで、お肌の中に吸収されてからビタミンCに変わるように加工することで、化粧品に配合することができるようになりました。

これが、ビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体は、一旦「誘導体」としてお肌に吸収されたのち、体内の酵素のはたらきでビタミンCに戻って、効果を発揮します。

水溶性ビタミンC誘導体の効果は?

冒頭でビタミンCは万能のビタミンと言われるとお伝えしましたが、具体的にどんな効果が期待できるかというと、次の通りです。

・余分な皮脂の分泌を抑える

・毛穴引き締め効果

・コラーゲンの産生促進

・しみ・しわの改善

・肌荒れを防止

・ニキビやニキビ跡改善

・メラニンの生成抑制

・メラニン色素の沈着を防ぐ

・シミの還元作用

このように、さまざまな効果が期待できるので、多くの化粧品に使われています。

水溶性ビタミンC誘導体のデメリットは?

たくさんの嬉しい効果が期待できるビタミンC誘導体ですが、注意が必要なケースもあります。

水溶性ビタミンC誘導体は、即効性があります。

それはメリットでもあるのですが、刺激にもなりやすいです。

たとえば、肌が弱っている時には、高濃度なものは刺激を与えてしまうことがあります。

また、乾燥肌の原因になってしまうこともあります。

そのため、保湿をセットで行いましょう。

水溶性ビタミンC誘導体のおすすめの使い方

水溶性ビタミンC誘導体が配合された化粧品は、普通にお肌になじませて使用する以外にも、こんな使い方もお勧めです。

・イオン導入で使用する

ビタミンC誘導体は電子の力を利用することでビタミンCをお肌の奥までしっかりと浸透させることができるイオン導入に向いている成分です。

やりすぎは刺激のもとですが、週に1回~2回程度のスペシャルケアをするのも良いかもしれません。

・紫外線のアフターケア

メラニンの生成抑制、メラニン色素の沈着を防ぐ、シミの還元作用などの効果が期待できるので、紫外線をあびてしまった時には、水溶性ビタミンC誘導体配合のローションで、ローションパックなどもおすすめです。

まとめ

水溶性ビタミンC誘導体の効果や気を付けたい点、おすすめの使い方についてお伝えしました。

気を付けるポイントに注意して、ぜひ効果的に使って美肌をめざしていただきたいです。

この記事が、健やかで美しい素肌づくりのお役に立てれば幸いです。

Related Posts